読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

掟式 自重トレーニング・ブログ

運動不足の中年男が自重筋トレで肉体改造する日記

Freeletics:ADVANCED SKILLS を unlockする

今日はFreeleticsはお休み。

この機会に「Advanced Skills」(上級スキル)にチャレンジしてみます。

メニューに含まれていない「上級スキル」

Freeletics の Coach がそれぞれのレベルに合わせて作成してくれるトレーニング・メニューには、当初は含まれていない種目があります。

それが「ADVANCED SKILLS」と言われるもの。日本語に訳すと「上級スキル」でしょうか。

これは腕立てや腹筋、スクワットなどと違って、誰にでもすぐにできるわけではない種目です。

具体的に言うと、以下の6つの種目です。
f:id:okiteshiki:20150917083831j:plain

  1. Pull Ups(懸垂)
  2. Strict Hs PushUps(逆立ち腕立て伏せ)
  3. Oh PushUps(片手腕立て伏せ)
  4. Toes To Bar
  5. Pistols(片足スクワット)
  6. MusclesUps(マッスルアップ)

これら6種目は、「できるようになったら教えてね。その時点でメニューに組み込むから」ということになっています。

それまではこれら種目は「ロック」されていて、メニューには組み込まれません。

できるようになって「アンロック」して初めて、メニューに組み込まれます。



スポンサーリンク


「上級スキル」(Advanced Skills)にチャレンジする

とくにPull Ups(懸垂)は早めに「unlock」したいところ。なぜなら懸垂以外に上腕二頭筋(力こぶ)を鍛える種目が他にないからです。

Pull Ups(懸垂)

購入した「ドアジム」を使ってチャレンジします。

しかし落下の悪夢が蘇り、なかなか全体重を「ドアジム」に預けることができません。

しょうがないので、万が一また落下しても怪我のないように足元に布団を引きます。

そしてようやくチャレンジ。

できない。一回もできない。

ちなみに「上級スキル」(Advanced Skills)は一回でもできるようになれば「アンロック」することができます。

ただ早いとこ懸垂をメニューに組み込みたいので、これからもちょこちょこチャレンジすることにします。

Strict Hs PushUps(逆立ち腕立て伏せ)

超絶に運動神経の悪い僕が、そもそも逆立ちができるのだろうか?

まずそこが問題です。

やってみると。。。

できない、やっぱりできない。

でも、何度かチャレンジするうちに、できた! えいやーと勢いをつけると、壁に向かって逆立ちすることができました。

そしてそこから腕を曲げて、また伸ばす。これも何度かチャレンジするうちに、一回だけですが成功しました。

というわけでStrict Hs PushUps(逆立ち腕立て伏せ)をアンロック。
f:id:okiteshiki:20150917085202j:plain


スポンサーリンク


Oh PushUps(片手腕立て伏せ)

そもそも片手で体を支えること自体が難しい。

そこから肘を曲げると、、、

あっという間につぶれてしまいました。

というわけで失敗。

こりゃ当分無理だな。

Toes To Bar

ドアジムにぶら下がり、足を上げてバーにタッチする、腹筋を鍛えるメニューです。


というわけで実際にやってみます。

足が上がらない。。。

筋力が足りないというよりは、体が固すぎる。ダメだこりゃ。

Pistols(片足スクワット)

やる前には「これはできるんじゃないか」という期待がありました。

ところが実際にやってみると、全然ダメ。まったく起き上がることができませんでした。

MusclesUps(マッスルアップ)

懸垂もできないのにできるはずがなく。。。

できたのはStrict Hs PushUps(逆立ち腕立て伏せ)だけ

というわけでできたのは、Strict Hs PushUps(逆立ち腕立て伏せ)だけ。

それもようやく1回という有様でした。

道のりは長そうです。

ただこの「上級スキル」(Advanced Skills)にはこれからもちょくちょく挑戦していきたいと思います。

まず第一優先は懸垂だな。

クリックしていただけると、喜びます

にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ
にほんブログ村


筋力トレーニング ブログランキングへ



スポンサーリンク